人気ブログランキング |

フォト語り。 ☆オレと家族のアメリカ生活☆

0523 次の目標

c0199386_7581355.jpg

『 新しい扉 。。。 』




突然ですが…

エアリィ、8 月末からドイツ ハンブルクバレエの付属学校
“The School of The Hamburg Ballet” に留学します。
彼女の夢であるプロのダンサーを目指し、
より高いレベルの環境で教育を受けます。

そのきっかけは、YAGPシカゴ予選のソロ(2位)で
New York Final の出場権が得られなかったことからでした。
そこから、「留学するのであれば自分で動かないとダメだ!」と悟り、
先日、急遽ドイツに行ったのは、このオーディションのためでした。
(先回の記事 → http://phototalk.exblog.jp/21875107/

過去には、ワシントンD.C.にあるキーロフバレエ学校から
スカラシップ付きで年間スクールのオファーをいただいたり、
年齢制限があるのを承知で、ロシア サンクトペテルブルクの
ワガノワバレエ学校でクラスを受けさせてもらったりと、
色々なチャンスをうかがったこともありました。

本命だったロシア モスクワのボリショイバレエ学校からは、
2ヶ月半の短期留学をきっかけに
年間の入学許可をもらっていたものの、
成長期&精神的に不安定なエアリィの年齢を考え、
今まで保留していました。
ところが、このところのロシア情勢で、
親子共に気持ちがロシアから離れていきました。

そこで、再度アメリカやヨーロッパのバレエ学校を
検討していたものの、何が正解なのかわからず、悩みました。
オレも長いこと海外で仕事をしてきたので、
言葉、人種や文化の壁を乗り越えることは、
容易ではないことを知っています。

そんなことから、
できるだけインターナショナルなダンサーを受け入れ、
プロとして活躍できる場が提供されているカンパニーを持っていること、
そしてエアリィの年齢でも入れる寮が完備していること、
更に一番重要なことは “先生方がエアリィのことを気に入ってくれること”
これらが学校選びの鍵でした。

そこで候補にあがったのが、世界的に有名な振付家 John Neumeier 率いる
ハンブルクバレエの付属学校 。
(→ http://www.hamburgballett.de/e/index.htm

ハンブルクバレエと言えば、一昨年ローザンヌで一位になった
菅井円加さんが所属する National Youth Ballet の
母体となっているバレエ団です。
(→ http://www.bundesjugendballett.de/e/index.html
ここは、エアリィがWEBで見ていて、
興味を持った学校のひとつでした。

我が家は「これだ!」と思ったら即実行。
書類審査、Video審査の後、
先方からオーディション受け入れの返事を
いただいた二日後にはドイツ行きの飛行機に乗り、
コンタクトしてから一週間で留学を決めてきました。

校長先生、担当の先生や寮母さんとも
直接色々な話をさせていただきました。
何よりうれしかったのは、
レッスンを見ていただいた校長先生から、
「彼女は Talented で、バレエを良く知っていて、頭がいい。
それに……とっても Beautiful!」と褒めていただき、
「ぜひうちの学校に来て欲しい…」と言っていただけました。

学校内は清潔感があり、生徒達や学校の周りの雰囲気を見て、
ジェニーとともに 「ここいいね!」 というのが共通した感想。
また、英語環境が整っているため、
安心してエアリィを留学させることができます。

ハンブルクでは、昼間は現地校に通うことになるので、
エアリィは既にドイツ語の勉強を始めています。
“今のところ” ジェニーがドイツ語の先生だけど、
勉強がおもしろいらしく、
すぐにペラペラになりそうな勢いです。


『 エアリィ、おめでとう! また “新しい扉” をひとつ開いたね。
厳しい世界だけど、夢に向かって頑張れ! 』。。。




c0199386_862117.jpg






by kenney_suzy | 2014-04-14 09:11 | バレエ