フォト語り。 ☆オレと家族のアメリカ生活☆

0212 目標

c0199386_1414314.jpg

あこがれの存在。。。




補習校の最終日、エアリィは2010年の学校文集をもらって帰ってきました。
さっそくエアリィの作文を読んでみると…

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【ワガノワサマーインテンシブ】

 わたしは、アカデミーで行われた、ワガノワサマーインテンシブに参加しました。 レッスンは、一日五時間くらいでとてもきびしかったです。 でも、プロのダンサー達が教えてくれたのでうれしかったです。 わたしは、たくさんのこ人レッスンも受けました。
 プロのダンサー達のおどりはすごかったです。 わたしは、世界的に有名なバレリーナ、エレーナ・エフセーエワさんのおどりが一番すきでした。 ロシアで活やくする日本人バレリーナ、田北しのぶさんもすてきでした。 男せいのダンサーもすばらしかったです。
 ワガノワサマーインテンシブの最終日に、発表会がありました。 わたし達が出たのは、ほんの少しでした。 でも、わたしはソロをもらったので、目立っていたと思います。 出番が終わってから、プロのダンサー達のおどりを観ました。 ダンサーの表じょう、ジャンプの高さ、回転の速さや回数、テクニックなどに感動しました。 わたしは、ステージの上でセルギイ・シドルスキーさんに花束をわたしました。
 発表会の後に、パーティーがありました。 わたしはパーティーで、プロのダンサー達のサインをもらったり、いっしょに写真をとってもらいました。 プロではないけれど、「パキータ」でソロもおどった十五才のお姉さんにもサインをもらいました。 オークションで、サイン入りポスターを買ってもらいました。 プロのバレエダンサーに教えてもらって、とても勉強になりました。 ワガノワのレッスンは、よい思い出です。 わたしも、エレーナさんの様なバレリーナになりたいです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

やっぱり、バレエのことが書かれていて、思わず微笑んでしまいました。
エアリィのまわりには目標となる人たちがいっぱいです。 最初に、もちろん先生。 嫁いわく、エアリィの踊りは先生にそっくりなんだとか… 田北志のぶさんも夏に知り合うことができた素敵なダンサー。 そして何と言っても、エアリィにとって印象的だったのはエレーナさんでしょう。 さらに、一番歳が近いダンサーとして、この写真にも写っている “十五歳のお姉さん”。 普段はワシントンのキーロフでバレエを学んでいて、この夏、我がアカデミーのインテンシブに参加した “パティ” ことパトリシアちゃん。 実は彼女、つい先日開催されたローザンヌで4位を獲得。 スカラーシップも得て、キーロフを卒業したら念願のイギリス ロイヤルに行くそうです。 パティはローザンヌの大会前にYAGPのパリ予選でも一位をとっていたのです。 エアリィのYAGP予選前には 「New Yorkで会おうね!」って言ってくれていたのですが、 幸いにもロイヤルという夢を叶えてしまったため、他の人にスカラーシップのチャンスを与えるべく、今回の New York Final には行かないことに決めたそうです。そのかわりに、エアリィには 「がんばってねっ!」 ていうメールが届いていました。
エアリィは素敵な人たちに囲まれ、本当に幸せだと思います。

New York Final用の新しい衣装もほぼ出来上がり、エアリィいわく、『とっても軽くていい!』 と大満足。
周りの人たちからの評判も最高です。
さぁ、来週から New York に出発します。




[PR]
by kenney_suzy | 2011-03-11 14:35 | バレエ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://phototalk.exblog.jp/tb/16040458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。