フォト語り。 ☆オレと家族のアメリカ生活☆

0623 エアリィ@カナダ ナショナル バレエ スクール

c0199386_0393063.jpg

『 Jump! 。。。 』




エアリィがAssembIée Internationale (AI17)に
参加していた時、こんな写真が送られてきました。

カナダ ナショナル バレエ スクールには
昨年の夏、交換留学の時以来だけど
充実した施設で、素敵な学校なんだとか…

エアリィは、AI17に参加して、
素晴らしい経験ができたようです… 





[PR]
# by kenney_suzy | 2017-05-20 00:41 | バレエ | Trackback | Comments(0)

0622 エアリィのパフォーマンス@ AssembIée Internationale

c0199386_0405629.jpg

『 Handling 。。。 』




エアリィが参加した AssembIée Internationale (AI17) が
無事に終了しました。

一週間に渡り、各バレエ学校でのパフォーマンスに加え、
参加学校の生徒の混合グループが作られ
それぞれの振付家による公演がありました。
混成チームでは、金、土曜日の2回公演となっており
リハーサルも含めると、AI17では
こちらの方がメインのような気がします。

どうやってグループ分けがされたのか
エアリィに聞くチャンスがなく、未だ謎ですが、
エアリィはカナダ国立バレエ学校の生徒
Hannah Galwayさんが振り付るグループに
選ばれていました。

エアリィの運か実力か(笑)、
2015年のローザンヌ国際バレエコンクールで
1位を獲得し、今はロイヤルバレエ学校の
ハリソン リー君とメインで踊れるチャンスに恵まれました。
ハリソン君は、とっても優しかったそうです。

リハーサルでは、その都度の振付の変更点も多く
大変だったようですが、二回目の土曜日の
バフォーマンスの方が、出来が良かったように
思えました。

その土曜日のHandlingの動画は
↓0:27:00 (27分)から見る事ができます。

http://capture.nbs-enb.ca/39/Watch/1422.aspx

それに加え、最後のフィナーレは、
参加学校が順番に出てきて少しずつ踊るため
まさに世界のバレエ学校の紹介映像になっています。
もちろん、エアリィもハンブルクバレエ学校の代表として
Bach Suite 2 の見せ場のリフトを披露していました。
↑ 2:16:40 から見る事ができます。

動画をそのまま最後まで見ていると、
参加した生徒全員が勢ぞろいする場面があって、
エアリィは右前でハリソン君と話をしながら、
楽しそうにリズムをとっています。
こんな些細な場面でも、遠く離れた場所で
普段会う事ができない娘の姿を見ると
嬉しくてニヤけてしまうオレでした…

c0199386_055286.jpg


今回も、パリオペラ座バレエ学校のガラ公演の時と
同じように、世界のトップクラスのダンサー達と
交流を持つ事ができ、とても楽しい一週間だったようです。
エアリィからは、「もっと頑張る!」みたいな言葉も聞かれ
ものすごく刺激を受けたみたいです。

エアリィは、期間中、ホテルに滞在していた様で、
渡航費も含め全てスポンサーが負担してくれ、
何と!お小遣いも貰ったんだとか…
帯同してくれた先生や関係の皆様に感謝です。





[PR]
# by kenney_suzy | 2017-05-14 01:00 | バレエ | Trackback | Comments(0)

0621 エアリィのパフォーマンス@カナダ国立バレエ学校

c0199386_1034685.jpg

『 Bach Suite 2 。。。 』




AssembIée Internationale での
各バレエ学校によるパフォーマンスが
動画にアップされています。

エアリィが踊るハンブルクバレエ学校の演目、
ジョン・ノイマイヤー本人からも直接指導を受けた
"Bach Suite 2" は↓ 0:17:00 (17分)から
見る事ができます。

http://capture.nbs-enb.ca/39/Watch/1397.aspx

初めて見るこの作品、
何度も何度も… 繰り返し娘を見てしまうオレでした。





[PR]
# by kenney_suzy | 2017-05-05 10:37 | バレエ | Trackback | Comments(0)

0620 エアリィのリハーサル動画@カナダ国立バレエ学校

c0199386_10594828.jpg

『 リハーサル中 。。。 』




エアリィは今、カナダ トロントにいます。
カナダ ナショナル バレエ スクールが主催している
AssembIée Internationale に
ハンブルクの代表として参加しているのです。

今回は、パリ オペラ座で踊ったジョン・ノイマイヤー作品
"Bach Suite 2" に加え、11か国、21の学校から集まった
ダンサーたちが、その場でレッスンを受けて
完成させる作品もあるようです。

その演目のひとつ、エアリィが出演する “Handling” の
リハーサル風景をWEB動画で見ることができます。
久々に見るエアリィのレッスン風景に
思わず目を細めるオレでした…

http://capture.nbs-enb.ca/39/Watch/1368.aspx

これに続いてハンブルク バレエ スクールのリハーサル風景や
公演の模様もライブ放送されるようで、楽しみです。

http://capture.nbs-enb.ca/ai17/page/LiveEvents.aspx





[PR]
# by kenney_suzy | 2017-05-03 11:13 | バレエ | Trackback | Comments(0)

0619 エアリィ@パリ オペラ座

c0199386_10294574.jpg

『 オペラ座の前で 。。。 』




ガルニエ宮の前で、仲間たちとのひとコマ。
楽しそう…


ところで、エアリィは、カナダ ナショナル バレエ スクールが4年に一度
主催する国際ダンス フェスティバル AssembIée Internationale に
参加するため、トロント入りしています。

このイベントには、世界11か国から21のバレエ学校が参加します。
1週間で4つのパフォーマンスが催され、
動画の公開もあるようです。

↓ http://www.nbs-enb.ca/Assemblee-Internationale より

ASSEMBLÉE INTERNATIONALE
APRIL 30 TO MAY 6, 2017


Every four years Canada's National Ballet School hosts the Assemblée Internationale, an international dance festival inviting professional ballet schools from around the world to participate. The first Assemblée Internationale took place in 2009, with a second festival occurring in 2013.

May 2017 will see representatives from 21 schools at NBS participating in the next AssembIée Internationale. Each festival is built on the theme of collaboration and sees students and teachers participating in blended ballet classes and rehearsals, while showcasing through performances work that is culturally significant to their school.

With the AI 17 occurring in Canada’s 150th year, the focus for the choreographic works will be on Canadian artists – all of them either graduates, or current students of NBS. Visiting dancers will perform these pieces in blended casts with their choreographer leading them through rehearsals the week of the festival.

Mark your calendars now for Assemblée Internationale 2017!

21Ballet Schools 11Countries 4Performances 1Week



エアリィは、パリに続き、
また世界中のダンサーとの出会いがありそうです。

『 楽しんでおいで〜!』





[PR]
# by kenney_suzy | 2017-04-30 10:41 | バレエ | Trackback | Comments(0)